製品のご紹介: |光学機能性フィルム家電製品工場野菜

 


LCD(液晶ディスプレイ)光学機能性フィルム

開業年:1997年(平成9年)
生産拠点:ひうち第一工場
関連部門:製造部門・その他間接部門
製造製品:携帯電話・デジカメ・カーナビ・テレビ等の液晶パネル用光学フィルム
顧客:住友化学株式会社

デジタル放送の開始やインターネットのブロードバンド化の進展などを受けて、多彩で高精細な映像の表示に対する期待が高まっています。同時に、光学機能性フィルムに対する要求も日々高度なものになっています。

当社は、日々改善を重ね、多くの技術的な課題を克服しながら、品質・生産性の向上、コスト対応力を高めています。優れた品質とスピードで、お客様からの要求に応えています。

▼LCD(液晶ディスプレイ)光学機能性フィルムとは?


偏光板フィルムを中心とした、様々な光学特性を持つフィルムのことです。
偏光フィルムとは下図のように、光を偏光させたり、偏光を検出したりするのに用いる薄板のことです。液晶表示部にはこのようなフィルムが使用されています。
 
偏光フィルムの重なる角度によって、光を遮断したり、透過したりします。
この特性を活かし、表示装置から映像が写し出されます。


 

▲ページトップへ

家電製品

開業年:1990年(平成2年)
生産拠点:ひうち第一工場
関連部門:製造部門・その他間接部門
製造製品:家電・業務用機器の充電器・蛍光灯インバータ・DCDCコンバータ
登録規格:ISO9001:2008・電気用品安全法
顧客:四変テック株式会社
    セイコーインスツル株式会社

当社製造業としての原点とも言える事業です。
1990年のベルトコンベアでのライン作業での組立て専用工場をスタートとし、自動機(実装機)導入、開発技術拠点が設立されました。

当社は、高度な技術や製造ノウハウを活かし、お客様の要求を満足する製品をつくっています。

▼ハンディ−タ−ミナル用充電器


この製品は、飲食店で主に使用されています。
無線ハンディターミナルを用い、お客様から受けた御注文をリアルタイムにサーバーへ送信し、オーダーの管理⇒作業効率化⇒お客さまへのお届け⇒精算の管理をスマートに行うオーダーエントリーシステムに利用されています。
オーダリング情報をもとに、売上管理やメニュー管理、正確なデータ分析が行え、収集した貴重な情報をもとに経営戦略にフルに活用できます。

当社では、充電器の設計開発により、メ−カ-機能としての、開発生産対応を実施しており、お客様の高い信頼を得ています。
 

▼くらしを支える照明用安定器


照明用安定器とは、安定した放電を得るために用いるものです。
”あかり”は、暮らしになくてはならないものです。この基板のおかげで、チラツキの無い安定的なあかり(照明)が提供できます。

当社は、この照明用安定器の生産委託を行っています。
 



 

▲ページトップへ

工場野菜

開業年:2007年(平成19年)
生産拠点:ひうち第一工場
関連部門:新規事業部門・その他間接部門
製造製品:レタス・大葉・わさび菜・鴨頭葱

 

ここ数年、我が国において食の安全・安心に対する意識が高まってきております。
当社では、安全・安心な野菜を提供したいという強い思いのもと、完全制御型の施設において、野菜の水耕栽培を行っております。

<高い安全性><高品質><安定供給>
クリーンルームを利用することで、病原菌や害虫の侵入がなく、それを予防・駆除する為の農薬の散布も不要で、無農薬による安全な生産ができます。
 光、温度、湿度などの環境も完全に制御でき、高品質の商品が安定供給できます。
 各品種の成長に最適な環境の調査や、成分分析を行うことにより、当社でしか作れない工場野菜を栽培していこうと日々研究しております。
弊社工場野菜が愛媛の輸出有望産品として、
EIBA 公益社団法人 愛媛県産業貿易振興協会 ホームページに掲載されました。

URL http://www.ehime-sanbokyo.jp/topics/?p=9496

▲ページトップへ